ドリ車RX-7 に 轟バッテリー CMF 80D26R 取付け

車のカスタムで、
バッテリーは重要なポイントの一つ。

「バッテリーを傾けてはいけない」と
いう話を聞いたことはありませんか?

開放型バッテリーは、
中身が電解液となっているので
傾けることで中身が漏れ出してしまいます。

充電する際に、

水が分解されて水素ガスが発生するため、

ガスを逃がすための通気孔が必要になります。

さらに分解された水がガスとして
逃げた分だけ液が減りますので、

精製水を補充するための
注入口が必要になります。

開放型バッテリーの場合、
傾いた場合、液漏れの危険性があります。

 

密閉型の場合は、

ガス抜きや精製水の補充が
必要ないしくみを採用しており、
万が一傾いても液漏れの危険性がありません!

何気ない効果ですが、
電気系は車で怖い部分の一つですからね。

CMF 80D26R

詳しくは⇒CMF80D26R(轟バッテリー)

「C」とは、
ガスの発生を抑えるため
電極にカルシウム鉛合金の「C」

「MF」とは、
メンテナンスフリーです。

「80」は性能ランク

「D」バッテリーの短側面のサイズ

「26」長側面の長さ

通常であれば、

RX-7の場合、性能は「34」程度でよいのですが、

こんな大容量必要ないのですが、

なぜにこんな大きなサイズを付けるのか?

■寒い時期にバッテリー上がりしにくくなる

■放置できる期間が長くなる
(毎日乗らないこのような車には大容量がオススメ)

■充電受入性が良くなり燃費向上する
(充電の効率も良くなり、オルタネーターの負担が減るので発電の効率がよくなります)

■寿命が伸びて交換頻度を低減できる
(バッテリー上がりになるまでの期間はサイズアップしたほうが長くなります)

■電装品をたくさんつけても安心

大は小を兼ねる以上にメリットをもたらします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)